jardin-ephemere-vu-du-ciel-visit-nancy-360.jpg
©VisitNancy360 - Hélix

ジャルダン・エフェメール (Le jardin éphémère)

そぞろ歩きと散歩への誘い

スタニスラスの周囲の木々、パヴェを飾る花々、緑化スペース、独創性豊かな木製オブジェ、腰かけるためのロングチェアやベンチなど、ジャルダン・エフェメール(「かりそめの庭」という意味です)の期間中、ストニスラス広場は緑の隠れ家に姿を変えます。

毎年、公園・庭園管理局は、初夏に旅、歴史、遺産、姉妹都市、科学など現代性のあるテーマを発表し、それを中心に新企画を考案、数か月の作業を経て9月に一般公開されます。

再生素材と、イベント後には他の緑地を飾ることになる植物を用い、持続可能性を視野に入れて設計されたこのジャルダン・エフェメールは生物多様性の保護を訴えるための展示も兼ねています。ナンシー派のアーティストたちに大きなインスピレーションを与えた、植物にまつわるナンシーの伝統への素晴らしいオマージュと言えます。

 

実用情報

2022年9月23日から11月1日まで

 

Nos suggestions